みんな髪で悩んでる?!『僕たちのAGA事情』

AGAのことがすべて分かる!AGAメディカル
AGA治療についてAGA治療の効果AGA治療の費用AGA治療薬のプロぺシアAGA治療を行なう病院AGA東京AGA名古屋AGA大阪AGA福岡

AGAメディカルTOPみんな髪で悩んでる?!『僕たちのAGA事情』

みんな髪で悩んでる?!『僕たちのAGA事情』

いまやテレビや雑誌で発毛剤や育毛剤、育毛サービスなどのCMを見ない日はありません。
でも、本当にみんなそんなに髪のことで悩んでいるのでしょうか?
そこで、約1万8千件のアンケート結果を元に、AGAや薄毛について考えてみましょう。

(2006年7月20日〜2007年5月13日 ヘアメディカル調べ)
現在もっとも気になる症状は?

ボリュームがなくなった、抜け毛が増えた、毛が細くなったと感じている人は全体の約90%と、かなり多くの方が髪についての悩みをお持ちのようです。
また、半数以上の人が3年以上前から薄毛が気になっているとの結果からもわかるように髪の毛の悩みは一朝一夕では解決しない問題なのです。

家族または親戚に薄毛の人はいますか?

「親・兄弟に薄毛の人がいる」と回答した人は27%でした。
父親がはげているからといって息子もはげるとは限りません。
はげが遺伝するのではなく「はげやすい体質」が遺伝するのです。
つまり、正しいケアを行えば、薄毛を予防することも可能なのです。

「毛深い人はハゲる」は本当か?
「体毛が濃い→男性ホルモンが過剰→ハゲる」という連想から生まれた説でしょうがそもそも、どうして男性ホルモンが過剰だと薄毛になるのでしょうか?

男性型脱毛症のメカニズム
男性型脱毛症のメカニズム

男性ホルモンは正式には『テストステロン』という物質です。思春期を過ぎるとテストステロンが『ジヒドロテストステロン』になることが分かってきました。ジヒドロテストステロンが毛根に作用すると、刺激が強すぎて毛乳頭が萎縮してしまいます。

このようにジヒドロテストステロンの影響から脱毛を起こす状態を「男性型脱毛症(AGA)」と呼びます。

<関連サイト>男性ホルモンについての情報サイト:メンズヘルスメディカル
テストステロンについて | 男性更年期障害と症状について

男性型脱毛症(AGA)とヘアサイクルの関係
男性型脱毛症のメカニズム

髪の成長には周期があり、これをヘアサイクルといいます。
通常、髪の成長期は2〜6年ですが、「男性型脱毛症(AGA)」になると、この図のように1年も成長しないうちに退行期に入ってしまいます。

このように髪が育ちきる前に抜けてしまうために、髪の毛の量が少なくなって薄毛を引き起こすのです。

日ごろ、ストレスを感じていますか?

薄毛の原因は男性ホルモンの量だけなのでしょうか?
じつは、薄毛の原因はストレスや食事・生活習慣などいろいろな理由が入り混じっています。
男性ホルモンの量や親からの遺伝よりも、むしろ不規則な生活の方が薄毛の大敵ということだってあるのです。育毛剤や発毛剤を飲むだけでなく、メンタル面や生活スタイルなどトータル的に薄毛対策を行うことが、一番の方法です。

また「髪が薄いのでは?」という思いが大きなストレスになって、それ自体が薄毛の状況を 悪化させることもあります。
客観的に自分の頭髪の状況を分析して、その状況に見合ったケアを行うことが重要です。


ヘアメディカル無料カウンセリング
AGAのことはAGAメディカルで
体験取材 AGA治療を病院で受けてみた!
僕たちのAGA事情
薄毛って本当に治るの?
専門病院と一般病院の違いは?
動画で見る!周囲が驚いた専門医の薄毛治療とは?
ヘアケアのおはなし 健康な髪のためのおはなし
ヘアケアの「○or×」常識・非常識

AGA治療ならAGAメディカル
AGA治療なら発毛クリニック AGAメディカル 薄毛メディカル メンズヘルスクリニック東京
女性の薄毛・抜け毛なら
ヘアメディカルビューティー
発毛メディカル AGAドクター(髪の毛の悩み:男性 女性) AACクリニック銀座
育毛メディカル ヘアメディカルビューティー(頭髪専門外来) 城西クリニック福岡
発毛・育毛Q&A 抜け毛メディカル AACクリニック名古屋 脇坂クリニック大阪
メンズヘルスメディカル マンガでわかるAGA治療