AGAとフィナステリドについて

AGAのことがすべて分かる!AGAメディカル
AGA治療についてAGA治療の効果AGA治療の費用AGA治療薬のプロぺシアAGA治療を行なう病院AGA東京AGA名古屋AGA大阪AGA福岡

AGAメディカルTOPAGAとフィナステリド

AGAとフィナステリド

AGA治療薬の成分フィナステリド

飲む発毛剤「プロペシア」の成分であるAGA治療薬「フィナステリド」は、本来は良性前立腺肥大の治療および緩和に使用されている薬で、米国メルク社から「プロスカー」という商標名で発売されていました。

その後1997年12月22日、経口フィナステリド 1 mg(製品名プロペシア)が、AGA(エージーエー)の治療として米国食品医薬局(FDA)に認可されると、世界60ヶ国以上で発売されています。


フィナステリド入りAGA治療薬の日本発売

日本国内でも2005年12月14日より「プロペシア」という商標名で発売が開始されました男性ホルモンの1種であるテストステロンが、5αリダクターゼ(※2)という変換酵素の働きで、ジヒドロテストステロン(DHT)※というホルモンに変換され、このホルモン(DHT)が脱毛を引き起こすということがわかっています。これが壮年性(男性型)脱毛症の原因と言われています。

フィナステリド(製品名プロペシア)は、市販薬ではないため入手には医師の診断・処方箋が必要になります。


※1)ジヒドロテストステロン(DHT): DHTの働きは胎児期と思春期以降で異なる働きをします。胎児期には胎児の外性器の正常な分化という重要な役割を果たしますが、思春期以降には、AGA(エージーエー)、ニキビ、前立腺肥大などの症状を引き起こします。

※2)5αリダクターゼ 5αリダクターゼ(酵素)はテストステロン(男性ホルモン)と結び付いて、ジヒドロテストロン(DHT)に変換する働きがあり、男性の薄毛を引き起こし促進させる男性ホルモンで、薄毛を引き起こす最大の原因です。
5αリダクターゼ(酵素)のタイプには2種類あり、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼのタイプが2種類あることが分かっています。


AGA治療剤と言われているフィナステリドを使用するには
必ず医師の診断を受ける必要があります

AGA 治療のための第一歩
AGA治療無料カウンセリングをご利用ください。
AGA(エージーエー)の多くは、男性ホルモンのTS(テストステロン)が酵素により変換されてできたDHT(ジヒドロテストステロン) の働きに関係して起こりますが、プロペシアはこの還元酵素5αリダクターゼTypeIIの作用を妨げる働きがあります。
結果的にAGA(エージーエー)の原因となっているDHTの産生を抑えることができるのです。
AGA治療薬プロペシアを使った頭髪治療にご興味のある方はまずは無料カウンセリング!
診察の流れ
髪のお悩みをご相談したい方はこちら まずは無料で相談 無料カウンセリング
ナース
個々人で髪の悩みは様々、同じような症状でも原因や治療法が全く違う場合があります。
ご自分で判断せずに専門家にご相談ください。
無料カウンセリング
本気で発毛治療をお考えの方はこちら 専門医の本格治療 来院診療予約
ドクター
AGA(男性型脱毛症)の症状があらわれたら、自己判断や自己治療ではなく、まずは発毛育毛専門の医師に相談する事が解決への近道です。
来院診療予約
AGA治療専門クリニック
城西クリニック(東京新宿) AACクリニック名古屋(愛知名古屋) 脇坂クリニック大阪(大阪梅田) 城西クリニック(福岡)
AGAの治療薬、フィナステリド
体験取材 AGA治療を病院で受けてみた!
僕たちのAGA事情
薄毛って本当に治るの?
専門病院と一般病院の違いは?
動画で見る!周囲が驚いた専門医の薄毛治療とは?
ヘアケアのおはなし 健康な髪のためのおはなし
ヘアケアの「○or×」常識・非常識

AGA治療ならAGAメディカル
AGA治療なら発毛クリニック AGAメディカル 薄毛メディカル 城西クリニック
女性の薄毛・抜け毛なら
ヘアメディカルビューティー
発毛メディカル AGAドクター(髪の毛の悩み:男性 女性) AACクリニック銀座
育毛メディカル ヘアメディカルビューティー(頭髪専門外来) 城西クリニック福岡
発毛・育毛Q&A 抜け毛メディカル AACクリニック名古屋 脇坂クリニック大阪
マンガでわかるAGA治療 城西クリニック(AGA治療専門病院)