AGAの基礎知識:AGAの原因、治療薬、病院での治療など詳しく解説

AGAのことがすべて分かる!AGAメディカル
AGA治療についてAGA治療の効果AGA治療の費用AGA治療薬のプロぺシアAGA治療を行なう病院AGA東京AGA名古屋AGA大阪AGA福岡

AGA基礎知識いまさら聞けないAGA

テレビなどで耳にすることの増えた「AGA(エージーエー)
なんとなく「薄毛のことかな?」とわかってはいるけど、AGAとは
どのような症状で、何が原因なのか、知らない方も多いのではないでしょうか。
そんな方のために、AGAに関するアレコレを詳しくご説明します。

そもそもAGA(エージーエー)とは?

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopecia(アンドロジェネティック・アロぺシア)の略称で「男性型脱毛症」を指します。“男性型”とはいうものの、男性の脱毛の悩み=全てAGA、という訳ではありません。
AGAは、いくつもある脱毛症状のうちの1種類です。しかし「薄毛や抜け毛に悩む男性の約8割がAGAに該当する」と言われるほど、AGA(男性型脱毛症)になる方は多いのです。

AGAの特徴

発症する年代
思春期以降の成人男性
原 因
・男性ホルモン(テストステロン)の影響
・遺伝
症 状
(1)額の生え際が後退する
(2)頭頂部が薄くなる
※(1)(2)混合タイプもいる
進行スピード
比較的ゆっくり

発症年齢や進行スピードには個人差がありますが、約40%の患者様が20代前後〜35歳頃までにAGAの症状が現れています。早い方は10代で症状が現れるケースもあります。

AGAのQ&A〜 AGAに関する疑問はここで解決! 〜

「AGA」と「薄毛」って違うの?

薄毛(脱毛症)とは「生えていた毛髪が生えなくなった」又は「生えていた毛髪が抜けてしまい、生え方がまばらになる」ことです。
薄毛(脱毛症)は、症状が出るに至った原因により細かく分類されます。

■一時的な薄毛(脱毛症)
・ストレスによる薄毛(脱毛症)
・血流障害による薄毛(脱毛症)
・甲状腺の異常など病気による薄毛(脱毛症)
・薬の副作用による薄毛(脱毛症)
・脂漏性皮膚炎など頭皮トラブルによる薄毛(脱毛症)

■進行型の薄毛(脱毛症)
・男性ホルモンによる薄毛(脱毛症)=AGA(男性型脱毛症)
・加齢による薄毛(脱毛症)

つまり、薄毛=AGAではなく、薄毛(脱毛症)という大カテゴリーの中に1タイプであるAGAが存在すると考えるのが正解です。

自分の薄毛は〈AGA〉なのか、それとも〈違う脱毛症〉なのか判断するには、原因を正確に調べる必要があります。
AGAの主な原因は男性ホルモン(テストステロン)から作られるホルモン物質DHT(ジヒドロテストステロン)です。遺伝・ストレス・生活習慣など患者様によって複数の発症原因が絡み合う場合もあります。

従って「自分の薄毛(脱毛症)がAGAなのかどうか」は、専門医師の診断でなければ分からないケースがほとんどです。

女性も「AGA」になる?

結論から申し上げると、女性はAGA(男性型脱毛症)になりません。しかし、女性には女性ホルモンが原因となる「FAGA(女性男性型脱毛症)」という脱毛症があります。

女性ホルモンには、よく知られる〈女性らしさを作る〉働きの他、〈髪の毛を成長させ健やかに保つ〉役割が備わっています。出産・更年期などのタイミングで薄毛・抜け毛に悩む女性が増えるのも、女性ホルモンが不安定になることが髪に影響するからです。
他にも、加齢や生活習慣によって女性ホルモンのバランスが崩れるとヘアサイクルが乱れ、FAGAの症状が出やすくなります。

AGAとの違いは、症状の現れ方にもあります。生え際の後退・頭頂部の薄毛など、脱毛パターンが分かりやすいのがAGA(男性型脱毛症)。対して、「ここが薄い」と線引きできるハッキリした薄毛の部位がなく、全体的に薄くなっていくのがFAGA(女性男性型脱毛症)です。また、FAGAの症状は40歳以降に多く、若い女性にはほとんど見られないのも大きな特徴です。

FAGA(女性男性型脱毛症)も、AGA(男性型脱毛症)と同じく専門的な診断や治療が必要になってきます。しかも、女性の場合さらに細やかなケアが求められるため、近年では女性が薄毛専門クリニックを訪れるケースが急増しています。

AGAの原因
なぜAGAになるの?

AGA(男性型脱毛症)の主な原因は、男性ホルモンの影響や遺伝であると分かっています。具体的には、どんなメカニズムで症状が起こるのでしょうか。

AGAの最も大きな原因・男性ホルモン(テストステロン)は、男性にとって必要でもあり、そのままであれば問題ありません。しかし、この男性ホルモンに変換酵素(5αリダクターゼ)が作用すると、DHT(ジヒドロテストステロン)という強い〈脱毛ホルモン〉に変わってしまいます。

では、この変換酵素(5αリダクターゼ)が悪者かというと、そうではありません。この酵素は男性ホルモンを補助する役割を持ち、健全な体には必要なのです。そのちょっとしたバランスで髪の毛にはマイナスに働いてしまうことがあるだけです。

強力な〈脱毛ホルモン〉DHTは、頭皮にある発毛工場=毛乳頭細胞(毛の根元の丸い部分)に作用します。毛乳頭細胞は、毛根に栄養を取り込み発毛・成長させる大切な部分です。ここにDHTが影響すると、毛が太く長く成長する前に抜けてしまい薄毛になる…これが現在解明されているAGAになるメカニズムです。
※AGA患者の脱毛した頭皮には大量のDHTが確認されています。

このようにAGAには、目に見えない〈体内のホルモンバランス〉という非常にデリケートな原因があります。これによってヘアサイクルが乱れ、薄毛になります(図参照)。

「AGAを自己流ケアで治すのは難しい」とされるのは当然のことです。AGAによる薄毛を食い止めるには、医学的なアプローチが不可欠となってきます。

自分はAGAかな?と思ったら…
やってみよう!AGA診断

病院に行く前に、本当に自分はAGAなの?と思ったら、まずは簡単に調べる方法として、「セルフチェック」をしてみましょう。

※外部サイトへ飛びます

クリニックでの診察なら確実

実は「自分は薄毛だ」と思い込んでいる人は多いんです!本当にAGA治療が必要か、一度専門医師に相談してみるのもおすすめです。

<費用の目安>
初診:5,000円(税別)

AGAは薬で治る?
AGA治療薬について

AGAの治療にはさまざまな方法がありますが、メインになるのは薬での治療です。
AGA治療薬はどこで購入できるのでしょうか。

個人輸入の薬について

〈個人輸入〉とは、インターネット上に複数ある〈個人輸入代行サイト〉から自分で判断し購入する方法です。メリットは、通院がいらない(時間の節約になる)点・大幅なコストカットになる点です。
しかし、こうした〈個人輸入代行サイト〉で扱う薬は、海外の正規品から粗悪な品まであり、見極めが非常に難しくなっています。偽薬や異なる薬を送りつけられるケースも多く、専門医師は警鐘を鳴らしています。個人輸入には品質の保証も事前の検査もないため、購入・使用は全て自己責任です。思わぬ副作用が出るリスクもあるため基本的にはおすすめできません。
もし身体に異常が出れば、節約したはずの出費や時間がムダになるだけでなく、薄毛の症状が悪化する可能性もゼロではないのです。

AGA専門病院で処方される薬について

医療機関でのAGA治療薬の購入(処方)は薬代の他にも、診察費用と通院の時間が発生します。しかし、事前にしっかり検査を行い患者様一人ひとりに合う処方をするという点で、安全性が高く大きな効果も期待できます。
また、医療機関での処方であってもジェネリック医薬品を選択するなど、コストを抑える方法もあります。
AGA治療薬を処方している医療機関には大きく2種類があります。
一般病院とAGA専門病院です。前者は薬の処方のみを行い、後者は薬の処方も含め総合頭髪治療を行える点が大きな違いとなります。治療薬の多くは「薄毛を止める」効果がメインです。現状維持には十分ですが、さらに〈発毛〉させたい方にはAGA専門病院での総合頭髪治療がおすすめです。

AGAに効果アリ?
AGAの薬の種類と副作用

2016年現在、日本で厚生労働省から認可を受けた正規AGA治療薬は3種類です。歴史が古く最もよく使われる、飲む育毛剤「プロペシア」、2015年に認可されたばかりのプロペシアの正規ジェネリック薬「ファイザー」、プロペシアに効果がなかった人にも期待される強力なAGA新薬「ザガーロ」です。これらは、すべて医療機関でのみ処方される医薬品です。
また、厚生労働省認可ではないですが、医療機関でよく使われる薬に「ミノキシジル」があります。飲むタイプ・塗るタイプがあり、医療機関では塗るタイプとプロペシアの併用が主流です。

他にも個人輸入などで手に入るさまざまな薬があります。しかし、自身の症状に効果的なAGAの薬を見極めるのは容易ではなく、副作用リスクもあります。AGA治療薬は、専門医のもと用法・用量を守り服用することで最大の効果・安全性を確保できると心得ましょう

AGA治療薬の比較表

AGA治療薬の比較表

※引用:メンズヘルスクリニック東京

AGA専門のクリニックなら安心!
病院でAGA治療

AGA(男性型脱毛症)と一言で言っても、AGA治療に最適な薬・AGA対策は一人ひとり異なります。治療に最も必要なのが〈その人に合う治療法の特定〉なのですが、それを自分で探るのは不可能といっていいほど困難です。
多くの方に成果を出している正規のAGA治療薬は、医療機関でしか処方できません。体内の〈男性ホルモン〉という個人レベルで解決できない原因が絡むのもあり、AGAを自己流で治せるケースはほぼありません。できるだけ早期に医療機関を受診することがベストです。

さらに、せっかく医療機関を訪れるのであればAGA専門の病院に行くのが早道です。専門病院の強みは、薄毛の専門知識に基づいた治療が可能な〈頭髪スペシャリスト〉が在籍していること。何気ない相談にも的確なアドバイスが返ってくる環境は、AGA治療を安心で確実なものにしてくれます。

また、専門クリニックの中でも画一的なパッケージ治療でなく、柔軟な治療プランを提供できる病院が良いでしょう。AGAの多くは、単純な原因によるトラブルではなく、その人全体の問題が絡み合い起こる〈一人ひとり異なる脱毛症状〉です。これを熟知し、生活習慣やメンタルまで含めた〈その患者様だけの〉治療で実績を上げている専門病院がおすすめです。

AGA治療っていくらかかるの?
AGA治療費について

AGA治療にかかる治療費は、症状の進行具合・目指すゴールによっても異なりますが、最初は月額1〜3万円が相場です。

AGA治療では、カウンセリング・検査後、まず〈男性ホルモン抑制薬〉であるプロペシアやザガーロを処方するのが一般的です。そこに、プラス診察費という内訳になります。症状の初期段階においては、治療薬による抑制治療で十分というケースが多いものです。

病院・専門医師が信頼できると判断し、さらに積極的な発毛治療を望む場合は、医師と相談しながら治療を深めていく事もできます。

代表的な正規AGA治療薬「プロペシア」をはじめ、AGA治療は基本的に健康保険の対象でなく全て自己負担となります。コストを抑えるには、日本でもようやく認可された正規ジェネリック医薬品が有効になるでしょう。そして何より、1日でも早く治療をスタートさせることが費用対効果アップにつながります。早ければ早いほど治療内容も期間もシンプルに済み、治療の効果も出やすいケースが多いからです。

AGAクリニックでの治療経験者に聞きました
AGA体験談

AGA治療薬を個人輸入。
偽物だと分かり時間も費用も無駄に…

ある日ふと抜け毛の量が増えたことに気づき、それから薄毛が気になるようになりました。色々ネットで情報を探し、育毛剤や育毛シャンプーなど良さそうなものを見つけては試してみる毎日でしたが、一向に思ったような効果は見られませんでした。そのうち、AGAの薬にも興味を持つようになりました。調べるうちにプロペシアのことを知り、それにより毛が生えたという口コミや「個人輸入で安く手に入る」ということを知って「もうこれしかない!」と思い、輸入代行サイトからAGA治療薬を購入しました。

期待に胸を膨らませ、頑張って飲み続けました。しかし、いつまで経っても効果は現れません。髪が生えているかどうかもわからず、相変わらず薄毛を気にする毎日でした。

しばらくして、利用していた輸入代行業者が非正規ルートで仕入れ・販売していることを知り、自分が購入していたプロペシアも偽物だということがわかりました。今まで費やしてきた費用と時間がムダになってしまい、悔しい思いをしました。よくわからないサイトで買うのではなく、病院でちゃんと診察してもらい、自分にあった薬を処方してもらう方が、安心で確実だと反省し、今は信頼できる病院で処方してもらい、着実に効果が現れています。

年のせいだと諦めずに
治療すれば治ることを実感

年齢的にそういう歳ではありますが、理容師という職業柄、お客様の相談の受け答えにも説得力が出ない。発毛についての情報は一般の方より詳しかったので、養毛剤やマッサージなど、色々試しましたが、期待する効果は現れませんでした。

そこで頭髪専門のクリニックへの通院を始めたのですが、4ヶ月目くらいから、目に見えて効果が現れ、比較の写真を見たときは本当に嬉しかった。

60歳近くになっても、発毛の効果が実感ができるというのは嬉しいです。年齢で諦める前に相談してみる価値は十分あります。専門医師という安心感と、的確な答えへの納得も得られるのも病院ならではだと思います。

※提供:AACクリニック名古屋

AGA専門病院
ヘアメディカルグループのご紹介

AGAの悩みを抱える方におすすめのクリニックをご紹介します。頭髪治療のスペシャリストが数多く在籍するヘアメディカルグループのクリニックでは、あらゆる側面から一人ひとりの症状、AGAの原因を見極め、「医療」の立場からAGA治療を行っています。

ヘアメディカルグループの5つの特長

1日本初の頭髪(発毛)治療専門クリニックです 2医療ローン無し・安心の明朗会計です 33万症例以上を手がける専門医師がいます 4大学病院との頭髪研究や医療連携しています 5全国の主要駅から徒歩5分以内です

ヘアメディカルグループのクリニック一覧

東京 男性専用

メンズヘルスクリニック東京

診察日
水・木・金・土・日
所在地
〒100-6210
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス
丸の内10F
TEL
0120-499-666
多くの診療科(精神神経科・皮膚科・形成外科)の医師たちによる総合的なAGA治療を行なうクリニック。東京駅からのアクセスも良好で、遠方からの来院も多数。
名古屋 男女別待合室

AACクリニック名古屋

診察日
水・木・金・土・日
所在地
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-17-15
エフエックスビル9F

TEL
0120-685-333
抜け毛の予防から発毛治療まで、最先端の医療を名古屋(愛知)で提供するAGA専門病院。男女別待合室完備。
大阪 男性専用入口

脇坂クリニック大阪

診察日
木・金・土・日※水曜は初診
所在地
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田3-3-20
明治安田生命大阪梅田ビル21F

TEL
0120-538-666
関西地区最多の臨床数を誇るAGA専門クリニック。男女別の入口を設け、異性を気にすることなく安心して通院できる。
福岡 男女別待合室

城西クリニック福岡

診察日
水・木・金・土・日
所在地
〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-12-7
福岡ダイヤモンドビル9F

TEL
0120-685-999
九州唯一のAGA治療専門病院。治療によるAGA改善の事例多数。男女別待合室完備。天神にあり、博多駅からのアクセスも良好。
【AGAの基礎知識】いまさら聞けないAGA
AGA治療ならAGAメディカル
AGA治療なら発毛クリニック AGAメディカル 薄毛メディカル 城西クリニック
女性の薄毛・抜け毛なら
ヘアメディカルビューティー
発毛メディカル AGAドクター(髪の毛の悩み:男性 女性) AACクリニック銀座
育毛メディカル ヘアメディカルビューティー(頭髪専門外来) 城西クリニック福岡
発毛・育毛Q&A 抜け毛メディカル AACクリニック名古屋 脇坂クリニック大阪
マンガでわかるAGA治療 城西クリニック(AGA治療専門病院)